「ちんちん」とは?

今週のドッグハウスボラはいきなり大型犬ハーリーが小型犬ルーイを襲ったところからスタート!

ドッグハウスに到着するとゲート前に犬が集まって来ますが、それはとても危険なこと。

だからいつもその場で立ち止まったりしないで、さっとゲートを押し開けて前に進んでいくのですが、この日はゲートの調子がおかしくて開かない!

あれ? あれ? とゲートを開けようとした間も犬たちはゲートの前にいるわけで、その場で興奮が高まっていく。

たったの数秒でハーリーがルーイの首元を咥えました。

部屋のそっち側にいたふぁーちゃんがすぐにハーリーの首輪を掴んだけど、私はまだゲートが開かずに行けない。

やっと行けて、ふぁーちゃんに「ルーイの首輪掴んで」と言われたけど、ハーリーがルーイの首輪ごと噛んでいたようで、首輪に指が入らない。

なんとか首輪に手が入り、ハーリーが口を離したのですが、両手でがっちりルーイを掴んでる。

それを私が指でひっぺがし、ルーイとゲートの反対側に移動しました。

ハーリーの口にはルーイの毛&血。

すぐさまルーイの怪我をチェックしたのだけど、どう見ても何もない。首輪も外してみたけど何もない。

ちょっと赤くなってるかなぁ?ぐらいで、どうもハーリーはルーイの首輪で自分の口を切ったようでした。

ああ、ルーイに怪我がなくて本当によかった!

これからはゲートがすぐに開かないことを想定して、開ける前に犬を散らさないと!


さて、散歩は私がそのルーイと、

IMG_0502_70.jpg 


ヒューゴ。

IMG_0517_70.jpg 


ふぁーちゃんがバターと、

IMG_0509_70.jpg 


出戻りチェイス。

IMG_0505_1_70.jpg 



ルイ−以外みんな強烈な噛みつき犬ではないか(笑)

散歩の写真はなし。


IMG_0494_70.jpg 




ルーイは「ちんちん」ができるそうで、散歩後それをちょうどやってたのに写真のタイミングが悪く、終わってしまったところ↓

IMG_0506_70.jpg 

「ちんちんという言葉は「チンチン」を見せるから」と聞いたので検索してみました。


・・・って、違うじゃないかー!

「お手」という言い方は、その名の通り前足(手)を出すからですが、「チンチン」の語源を分かる人は少ないのではないかと思います。

「チンチン」をすると、犬が立ち上がってオチンチンが見えるからと、このように呼んでいると思っている人もいるかもしれません。私もそう思ってました。  

ですが、この「チンチン」は、決してそういう意味ではありません。

この芸をしているとき、犬は後ろ足だけで立っているように見えるが、実はお尻をつけて地面に座っています。 

どっかり座ることを「鎮座する」といいますが、という言葉は、この「鎮座する」に由来しているそうです。

(http://madamaniau-inunoshitsuke.com/111/142/000711.php)

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する