チューとスキッピーがいいコンビ

我が家でフォスター中のスキッピー、なんだかゴツくなってきました。

うちで犬を預かると、ゴツくなることが多いんですよね。

ロージーも毎回うちでのお預かりの後抱っこすると体ががっしりしてると飼い主さんが言います。

というのも、犬が毎日走り回るので、筋肉が発達するのですね。

散歩を毎日1時間は行ってますが、いくら長く行ってもこういう体にはならない。

「長距離走者と短距離走者の体の違い」なのです。

公園で走り回ることで短距離走選手のトレーニングを毎日やってるかんじ。

スキッピーはボール投げが大好きで、ゴッチを追いかけまわすことも大好きで(笑)、足が悪かったとは思えないぐらい走りまくっており、肺活量が上がったのか胸回りがゴツい・・・ 確実に麻呂の体型に近づいております。

犬の筋肉フェチな私としては、犬の筋肉が見えるようになってくるのが幸せ💛

ゴッチがう○こしてる時の太もも辺りの筋肉なんてホレボレしますよ。興味のある人はぜひ見に来てください(?)


スキッピーを預かるにあたって一番心配だったのが、うちのチュー

スキッピーは猫に行かないタイプなのはわかっていたのいいのですが、チューが絶対スキッピーをいじめるにちがいない、と。

その通り、最初の頃はチューがスキッピーに向かっていっていましたが(本気で攻撃するつもりはない。脅したいだけ)、そのたびに私がチューにめちゃめちゃ怒っていました。

私が離れたところにいたら麻呂とゴッチがすぐにチューを怒り、間に入っていました。

なのでスキッピーが安心して暮らせる環境を作れたのだと思います。

そういうことをリーダーがコントロールしないと、スキッピーは自分で自分を守るようになって、また噛みつき犬に戻ってしまう(昔いたレスキュー団体ではそうだったらしい。というかそこはルールが無い放置状態の団体なので、スキッピーだけじゃなく犬みんなが噛みついて自分を守っていたらしい)


ってことでスキッピーちゃん、チューともどんどん仲良くなっております。

最初の頃からスキッピーはチューを遊びに誘ってましたが、チューに冷めた目で見られておりました(笑)

が、今ではチューを追いかけたりもしています!

でも相手は猫なんですぐに高いところに逃げられ、追いかけられたチューはすぐにまた別の場所で気配殺してスキッピーを待ち伏せ

スキッピーが通りかかった時に、横から猫パンチを繰り出しております(笑)

スキッピーも最初は猫パンチされて悲鳴あげていたけど(痛いのではなくびっくりして)、今は慣れたもんで、猫パンチ食らっても無視して通り過ぎる(笑) 

これもまた確実に麻呂みたいになってます。あ、麻呂は猫パンチされて悲鳴はあげたことがありませんが(「何すんじゃ、オラオラオラー!と向かって行ってた、笑)、今ではほとんど無視です。

ちなみにチューはゴッチには猫パンチしません。ぺろぺろ舐めたり顔を鷲掴みにして甘噛みしたり。

さて、スキッピーとチューですが、かわいい写真が撮れました。

IMG_0077.jpg
IMG_0093.jpg
IMG_0096.jpg
IMG_0097.jpg
IMG_0099.jpg
IMG_0101.jpg
IMG_0103.jpg
IMG_0105.jpg
IMG_0111.jpg
IMG_0119.jpg



↓これが一番お気に入りの写真

IMG_0115.jpg


↓朝は私が朝日が当たる部屋にいるので、犬もみんなついてきてこんな感じの毎日です。

IMG_0122.jpg


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する